AKB48情報ステーション

地下アイドル板よりAKB48、48Gのスレを中心にまとめています!




SNH48

1: 2016/06/14(火) 21:23:14.90 _USER9

AKB48グループが9日、「AKB48」の公式ホームページで、中国・上海を拠点とする姉妹グループ「SNH48」の運営を見直すことを発表した。

同サイトによると、「SNH48」の現地の運営サイドに契約違反があり、運営の見直しなどを図るといい、 「AKB48オフィシャルサイト上に掲載されていたSNH48に関するすべてのバナーや広告を削除したことを併せてお知らせいたします」と報告。

また、中国・北京で展開されている「BEJ48」と広州の「GNZ48」について、AKB48グループとは関係がないことを告知した。

「SNH48」は、2012年に「AKB48」の海外姉妹グループとして発足。

同年8月には、「AKB48」の宮澤佐江と鈴木まりやが移籍することが発表された。 AKB48グループの他の姉妹グループと同様に劇場公演を行い、一昨年からは選抜総選挙も開催されていたが、今回の発表に至った。

AKB48グループの海外姉妹グループといえば、インドネシア・ジャカルタを拠点とする「JKT48」が同地で目覚ましい活躍を見せており、 今年3月には台湾・台北を拠点とする「TPE48」、フィリピン・マニラを拠点とする「MNL48」、タイ・バンコクを拠点とする「BNK48」が結成されることがサプライズで発表された。

そうした中での「SNH48」の運営見直し、そして“契約違反”についてはファンの間でも大きな話題を呼んでいるが、 その衝撃的な内幕を中国在住の興行関係者はこう明かす。

「最近の『SNH48』に関しては、完全に契約不履行でやりたい放題だったそうです。契約で規定されているロイヤリティーの支払いはゼロ。 『BEJ48』や『GNZ48』についても、AKBの運営サイドに許諾どころか連絡すらせず、勝手に結成して劇場公演を行っていたとか。 AKBの運営サイドとしても、何とか連絡だけでも取ろうと何度も試みたようですが、それすら応じず、今回の契約の見直しに至ったそうです」

芸能関連に限らず、中国とのビジネスに関してはトラブルになるケースも多い。

最近は日本のアイドル文化が世界的な評価を受けて、国際的な広がりを見せ始めている最中だけに、今回の「SNH48」の運営サイドの暴挙はなんとも残念でならない。


no title

【AKB48グループが「SNH48」運営見直しに至った背景!契約違反の衝撃的な内情!!】の続きを読む

1: 2016/06/09(木) 22:55:36.24 _USER9

AKB48は9日、公式ホームページで、中国・上海を拠点にしたSNH48の運営を見直すことを発表した。

同サイトによると、SNH48の現地の運営サイドに契約違反があったといい、運営の見直しなどを図るという。
「AKB48オフィシャルサイト上に掲載されていたSNH48に関するすべてのバナーや広告を削除したことを併せてお知らせいたします」と対応した。

また、中国・北京で展開されているBEJ48と、広州のGNZ48については、AKB48グループとは関係がないことを通知した。

SNH48は、12年にAKB48の海外姉妹グループとして発足。 同8月には、AKB48宮沢佐江と鈴木まりやが移籍することが発表された(のちに、国内グループと兼任)。 国内48グループのように、劇場公演を行い、14年からは選抜総選挙も開催している。



SNH48兼AKB48鈴木まりや
no title

【【SNH48】現地運営サイドが契約違反!運営見直しへ】の続きを読む

1: 2015/10/20(火) 00:39:44.72 ID:???*.net
AKBメンバー:外国で売春婦に間違われ路上で男に無理矢理キスされ号泣する事故が発生

中国女性グループSNH48、欧州でロケ中に酒に酔った男性にからかわれる。
女性グループSNH48の張語格、孔肖吟はチェコの首都プラハで「万聖節之夜
(ハロウィン・ナイト)」のMVを撮影中、酒に酔った男性2人にキスされ、驚い
て泣いた。ネット上で「海外でいじめられ、かわいそうだ」との声のほかに、その
真実性を疑う声も出ている。

=ネットの声=
「だいたい合ってる」
「似たようなもんじゃんあじゃあん」
「別に間違ってないだろ」
「AKBなんてそんなもんだろ」
「完全にタチンボだわ」
「商売女にしか見えないのは厳然たる事実」
「この後枕営業でベットで慰めてもらいます」
「キスしたやつは金払え」
「これ半分犯罪だろ」
「間違わられ 間違っていないと思う」
「バスローブ姿で街頭にいて売春婦と間違われない国とか存在しないだろ」
「何でバスローブみたいのきてるんだ  間違われるだろ」
「AKB系は中国人にまでこんなやらせさせてんのね。」
http://icnet-news.com/160988

画像
http://www.bjweekly.com/archives/2461357.html
7144996c.jpg


d65c763a.jpg


a25b4b37.jpg


c285727d.jpg



孔肖吟
57fe54df.jpg


張語格
2150ec98.jpg



撮影中だったSNH48ハロウィン・ナイト
http://www.youtube.com/watch?v=X2i7mH40zes


【【AKB48】外国で撮影中、売春婦に間違われ路上で男にキスされ号泣してしまう】の続きを読む

1: 2015/09/22(火) 18:41:48.46 et
ChinaVCsAreGoingCrazyforGirlGroups(BloombergBusiness)

上海浦東空港で、パリ、プラハでのMV撮影から帰るメンバーを、到着の5時間前の朝10時
から待ち受けるファン。15:15にメンバーが到着し、バスに乗り込むまで数百人のファン
が歓声をあげた、という出だしのこの記事。

第二回総選挙コンサートのときに「上海?芭文化?媒有限公司(STAR48)」と改名したこと
が発表された、SNH48運営会社の王子傑社長もインターネット・ゲーム起業家として紹介
されている。

他には以下のようなことが紹介されている。全文試訳すると冗長なので、箇条書きにして
おく。

・SNH48がペプシコーラやソニーのCMのに起用。
・グーグル中国の元CEO・李開復が出資。
・STAR48社の現在の企業価値は数億ドル。
・日本のAKB48をモデルにしている。
・王社長が「彼女たちの夢を実現するには汗と努力が必要です。中国の少女のほとんどが
経済発展で生活水準が高まるにつれ、規律を失っている」と語っている。
・訓練は朝9時から夜6時までで、ジョギングなどの体力づくりも含まれるのは、テンポの
早い曲に必要なスタミナを付けるため。
・湖南省出身のメンバー?燕文(チームHII副キャプテンのウサギ)が「グループに入って
訓練の厳しさを実感したが、華やかな仕事の裏にはたくさんの汗と涙があるんだと学んだ
」と語っている。
・119人のメンバーはチーム分けされており、340席ある上海の劇場で週7公演に順に出演
している。
・チケットは80人民元から168人民元で、オンライン発売すると数分で売り切れる。
・歌手はミニスカートとへそ出し衣装を何度か着替えて、ハイテンションなダンスナンバ
ーがほとんど。
・いくつかの曲は日本で人気のAKB48グループの翻訳だが、王社長は徐々にオリジナル曲
を導入している。
・王社長がエンターテインメントのビジネスを学んだのは日本のゲーム企業・コナミで働
き、自身で9you.comというオンラインゲーム会社を起業したことから。
・2018年までに中国の10都市で同じようなガールズ・バンドを立ち上げる計画。
・現在すでにテンセントのQQ動画、楽視で公開中の番組に加えて、SNH48出演の2本の映画
と3本のテレビ番組を契約済みで、来年公開予定。
・STAR48の昨年の売上高は3,000万人民元(=約6億円)を超え、来年は3億人民元(=約6
0億円)に達する見込み。
・現在の売上高の70%は伝統的な収入源、CDやチケット、グッズ売上からだが、来年はコ
ンサートのオンライン中継でのデジタルの花束などを販売する、eコマースに注力する。
・王社長いわく「ファンはプロセスに参加することに熱心で、当社のビジネスモデルは単
に観客でいることではなく、オンラインの活動に参加することにある」
・ファンが自分の好きな曲、好きなメンバーに投票した結果が、メンバーのキャリアや給
与に反映される。
・もっとも人気のメンバーは月収5万人民元(=約100万円)、新人研修生は約4,000人民
元(=約8万円)。
・ファンは定期的に「握手会」に参加、楽曲を購入することで好きなアイドルと10秒間の
握手ができる。
・現在ファンの大多数は若い男性、30歳以上は15%しかいないが、王社長は健全なイメー
ジと若さを強調してより広い年齢層と女性にもアピールしたいと語っている。
・ChinaMarketResearchGroupのJamesRoy氏は、SNH48のようなグループの成長は、中国の
消費者が可処分所得をエンターテインメントやライフスタイルにより多く費やすようにな
っているため。
・結論:119人のメンバーのSNH48を運営しているベンチャー企業は数億ドルと評価されて
いる。
http://snh48.info/2015/09/7418/

【【朗報】SNH48運営社長「中国の10都市で姉妹グループを作ります」wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


このページのトップヘ