AKB48情報ステーション

地下アイドル板よりAKB48、48Gのスレを中心にまとめています!




芸スポ

1: 2016/07/12(火) 21:05:17.06 _USER9

AKB48の渡辺麻友(22)が、11日に放送された「Momm!!」(TBS系)に出演。 MCのSMAP中居正広(43)から先輩との付き合い方についてダメ出しを食らった。

番組では視聴者からの「飲みの誘いを断る部下への悩み」をテーマにトークが展開された。

先輩との付き合い方を聞かれた渡辺は「自分が先輩と積極的にしゃべれるタイプじゃないから、気を使っちゃう」と“気い使い”であることを告白。 これに中居がすぐさま反応し「当たり前だよ。先輩と行ったら気を使うんだよ。使わなきゃいけないんだよ」と猛烈なダメ出しをした。

予想外の“口撃”を受けた渡辺は「結構、信じられないくらい気を使っちゃうんですよ」と口を挟むが、 中居は「信じられないくらい気を使うんだよ。くたくただよ、二度と来るまいと思うんだよ、毎回。でも行くんだよ」と厳しい助言をした。

中居の“愛のムチ”に、渡辺は笑顔でうなずき「飲みで上司と交流しなくても、日々仕事をコツコツやっている人なら(飲みニケーションは)取らなくても。逆に先輩が後輩に気を使わせない努力をするのも必要なのかな」と視聴者に向けて、きっちりアドバイスした。


「Momm!!」渡辺麻友
no title

no title

no title

no title

no title

no title

AKB48渡辺麻友
no title

no title

【【AKB48】渡辺麻友にSMAP中居正広が猛烈ダメ出し!】の続きを読む

1: 2016/06/30(木) 09:22:12.28 _USER9

4月にデビューした乃木坂46の後輩グループ・欅坂46による新番組『KEYABINGO!』(毎週火曜 深1:29~日本テレビ※関東ローカル)が、7月5日よりスタートすることがわかった。 AKB48、乃木坂46に続く“BINGO!”シリーズで、体を張った本格バラエティーに挑戦。 MCはお笑いコンビ・サンドウィッチマンが務める。

欅坂46は、1stシングル「サイレントマジョリティー」が初週約26.2万枚を売上げオリコン1位、女性アーティストのデビューシングル初週売上としても歴代1位を記録。 2ndシングル「世界には愛しかない」(8月10日発売)はメンバー総出演の連続ドラマ主題歌に決まるなど、今最も勢いのあるアイドルグループ。 AKB48の『AKBINGO!』、乃木坂46の『NOGIBINGO!』に続き、まだ経験が少ない本格バラエティーに挑む。

このほど、都内で収録を終えたメンバーは、初回からドッキリをかけられる“洗礼”を浴びたといい、 最年少の平手友梨奈(15)は「バラエティーは初めてなのでびっくりしました」と目を丸くさせたが、「サンドウィッチマンさんが好きだったのでうれしい」と笑顔。

サンドの伊達みきお(41)は「20歳以上離れている子もいるので、娘という感覚。みんながテレビに慣れて、面白い番組にしたい」と意気込んだが、 相方の富澤たけし(42)と共に「みんなの名前を覚えます。年をとると全員は難しい」と苦笑。 そんな2人が早速名前を覚えるほど活躍したという織田奈那(18)は「バラエティーの力を磨いていきたい」とやる気をみなぎらせた。

メンバーたちが今度やってみたいことを積極的に発言するなか、 自身のアピールポイントを聞かれた渡辺梨加(21)が黙りこんでしまうと、伊達は「きっと食レポとかやってみたいよね?」とフォロー。 その後も、メンバーに向かって「何かを言ってみようと思い立ったら言ったほうがいい。何も発言していないって思ったときは手を挙げてくれたら僕が指しますから」と助言し、 「みんな(が成長するのは)これからです。頑張ろう」と呼びかけていた。


前列左から:志田愛佳、渡辺梨加、平手友梨奈、サンドウィッチマン(伊達みきお 、富澤たけし)、渡邉理佐、今泉佑唯
2列目左から:長沢菜々香、土生瑞穂、長濱ねる、菅井友香、守屋茜、鈴本美愉、小林由依、小池美波
3列目左から:織田奈那、齋藤冬優花、原田葵、上村莉菜、尾関梨香、米谷奈々未、佐藤詩織、石森虹花
no title

平手友梨奈
no title

長濱ねる
no title

渡辺梨加
no title

渡邉理佐
no title

今泉佑唯
no title

志田愛佳
no title

織田奈那
no title

【【欅坂46】本格バラエティー挑戦!新番組『KEYABINGO!』】の続きを読む

1: 2016/06/28(火) 08:20:12.28 _USER9

6月22日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」内での篠崎愛や久松郁実、吉木りさらグラビアアイドルたちの発言が一部で話題になっている。

篠崎は2013年に日本テレビ「中居の窓」に出演した際、「ぶっちゃけAKBがウザい」という質問にイエスと回答。
グラビア業界を席巻するAKB48に対する本音を口にし、アンチAKBからの評価を高める一方で、AKBファンからの非難が殺到した。

ラジオでは、この時の真実として、自身はそれほどAKBのグラビア進出の影響を受けていなかったものの
「みんなが(イエスのボタンを)押すと思って押した」ところ、自分しか押していなかったと明かした。

ここまでは、すでに一部ネットニュースなどで記事化されたが、同番組内ではさらに注目すべきコメントがあったという。 「番組内では久松さんが『最近グラビア(タレント)がAKBに追いついてきた気がする』と話し、 吉木さんもそれに賛同するなど、現役グラドルたちが、今は一時期ほどのAKBの脅威はないという共通見解を示していました。 実際その通りではあるんですが、意外と指摘されていなかったところなので、出版業界的には『公にそれを言ってもセーフになってるんだ』という驚きがあります」(出版業界関係者)

前田敦子や大島優子、篠田麻里子ら人気者が所属した最盛期はAKBメンバーがグラビアを独占。
雑誌の売り上げにも大きく貢献したという。

「元々、秋元康さんは『今のグラビア業界をつぶす』と豪語していましたから、積極的に人気メンバーを水着グラビアに進出させました。 いい時は大島優子さんや篠田麻里子さんが出ると売り上げが2~3割アップした。 グラビアや写真集といった利権をバラ巻くと、タレント本人の露出も増やせるし、いざという時のスキャンダル対策もできる。双方がおいしい状態でした」(前出の関係者)

だが、人気メンバーの卒業が相次ぐにつれ、AKBグラビアのニーズも下降気味に。 久松や吉木らの言うとおり、グラビアアイドルが勢いを盛り返すようになったという。 「よく知らないAKBメンバーの、しかもたいしてスタイルもよくない水着を見せられてもコアなファン以外、得をしないじゃないですか。 だったらかわいくてスタイルもいい子が当然再注目されますよ。最近はAKBでも人気メンバー以外は雑誌の巻頭や表紙にならなくなっています」(前同)

わかりやすい形で露出を減らし続けるAKB48。本人たちにとってもファンにとっても、ここが踏ん張り所なのかもしれない。


no title

【禁断の“AKBタブー”を堂々ラジオで発言したグラビア篠崎愛に、業界から驚愕の声!】の続きを読む

1: 2016/06/29(水) 10:50:24.21 _USER9

AKB48グループのメンバーが出演するバラエティ番組「AKBINGO!」(日本テレビ系)の新MCをウーマンラッシュアワーが務めることがわかった。

「AKBINGO!」では番組スタート時の2008年10月から約8年半もの間、バッドボーイズがMCを務めていたが、先週6月21日深夜の放送をもって同番組を卒業。 2代目MCが誰になるのか注目されていた。

ウーマンのMC就任が明らかになったのは、本日6月28日深夜のオンエアにて。 村本は別室からスタジオの様子をモニタリングしつつ、声を変えてAKBメンバーとやり取り。 渡辺麻友や柏木由紀にセクシー顔をするよう命令したり、メンバーを可愛い順にランク付けしたりといきなり暴走を見せる。

番組の最後に村本が姿を現し、「これから『AKBINGO!』をもっとゲスい番組にしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!」と宣言すると、スタジオ内には悲鳴とブーイングの嵐が。 しかし村本は好みだというメンバーに対して「近いうちに手を出そうと思っています」と発言し、「やめて!」「本当に嫌だ!」とさらなる罵声を浴びていた。 一方、中川パラダイスは番組のADに扮してスタジオに潜んでいたが誰にも気付かれず。 彼が正体を明かすと、メンバーはただただ唖然としていた。

なお次週は、村本がメンバーのカバンの中身や私服を抜き打ちチェックする企画がオンエアされる予定だ。

AKBINGO!
日本テレビ系 毎週火曜深夜24:59~25:29


『AKBINGO!』
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【AKB48】ウーマンラッシュアワーが「AKBINGO!」新MCに就任!悲鳴とブーイングの嵐起こる】の続きを読む

1: 2016/06/24(金) 06:55:44.98 _USER9

シングル部門

『オリコン2016年上半期ランキング』のシングル部門では、AKB48の44thシングル「翼はいらない」(6月発売)が売上148.0万枚で1位、 10周年記念シングルとして前田敦子、大島優子ら卒業生も参加した43rdシングル「君はメロディー」(3月発売)が売上129.0万枚で2位となり、 6年連続で1・2位を独占する前人未到の記録を達成した。

シングル部門3位には、同じく秋元康氏プロデュースの乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」(82.5万枚)が食い込み、 4月6日に鮮烈なデビューを飾ったばかりの欅坂46も新人ながら6位に入る大健闘。

女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代1位記録(26.2万枚)を樹立した欅坂46の「サイレントマジョリティー」は34.9万枚まで売上を伸ばし、 AKB48姉妹グループの売上を上回った。

TOP10内には7位にSKE48「チキンLINE」(32.2万枚)、9位にNMB48「甘噛み姫」(28.2万枚)、10位にHKT48「74億分の1の君へ」(28.1万枚)がランクイン。 今期も秋元氏がプロデュースを手がけたグループがシングルランキングを席巻した。 
【オリコン上半期売上、秋元康氏のグループが席巻・・・AKB1・2位独占 乃木坂3位、欅坂6位、SKE7位、NMB9位、HKT10位】の続きを読む


このページのトップヘ